免疫細胞治療(BAK療法)

BAK療法は免疫細胞を大幅に増殖させ、
副作用を伴わずに細胞レベルでがん細胞を攻撃する
がんの治療法です。

人間の身体には、がん細胞などの身体にとって危険な細胞を排除する機能がそなわっています。その中心を担うのが「免疫細胞」と総称される細胞群です。この免疫細胞を、体外で大幅に増殖、 強力活性化し、再び体内に戻すことにより、副作用を伴わずに細胞レベルでがん細胞を攻撃する治療法が免疫細胞治療「BAK療法」です。

免疫細胞治療(BAK療法)とは

BRM Activated Killer(生物製剤活性化キラー)療法の頭文字を取ったものです。
がん治療「免疫細胞BAK療法」は、国への届出、受理されたリンパ球を用いたがん免疫細胞療法です。使用する免疫細胞は自然免疫細胞のγδT細胞NK細胞を主に使用して治療します。がん治療の有効率76%を有しています。

本療法は、自然免疫細胞のNK細胞とγδT細胞を使用するために、がん細胞を特定することなく非自己細胞としてがん細胞を攻撃できます。γδT細胞は、免疫細胞BAK療法の開発者である、海老名博士が世界で初めてがんを攻撃する事を発見しました。

がんと闘うための免疫細胞を体外で増やし強力に活性化させて再び体内に戻す治療法です。ご自身の免疫細胞を利用するため、1ヶ月に2~4回(医師と相談の上決定)、12回継続を1クールとし「採血と点滴」サイクルを通院のみで治療を行います。同時に血液検査(32種類)も行い、データーを時系列に管理し、データベースして常に患者さんの健康管理をします。

免疫療法が受けられない疾患

免疫細胞BAK療法では、血液中の免疫細胞を培養するため、白血病悪性リンパ腫など血液のがんを除いた全固形がんの治療を行っております。また、HIV・HTLVウイルス陽性の方については、お断りさせて頂いております。B型・C型肝炎ウイルス陽性の方は治療が可能です。

副作用が少ない治療法です

まれに38度台まで発熱する場合がありますが、数時間後には平熱に戻ります。(NK細胞も含めたCD56陽性細胞が免疫を刺激するサイトカインを大量に放出することにより起こる現象です。)

オプジーボ(チェックポイント阻害剤)

オプジーボ(チェックポイント阻害剤)とは

近年、がんの治療において「オプジーボ(チェックポイント阻害剤)」と呼ばれる一連の新薬が登場し、世界中で注目されています。オプジーボ(チェックポイント阻害剤)は、がん細胞がたくみに免疫から逃れて生き延びようとするのを阻止する薬です。

免疫が働かなくなる仕組み

ウイルスや細菌などの異物に対する防御反応である免疫は、がん細胞に対してもはたらきかけます。しかし最近、がん細胞が増殖するために、免疫の一員であるT細胞や樹状細胞にがん細胞を攻撃しないようにする信号を送ることがわかってきました。つまり、がん細胞が免疫の機能にブレーキをかける仕組みを使って、T細胞の攻撃から逃れていることでがん細胞が生き延びようとするのです。
これらをもう少し医学的に説明をすると以下のようになります。

■抗CTLA-4抗体

抗原提示細胞は、がん細胞がいるという情報をT細胞に伝える細胞です。攻撃を開始したT細胞には、自ら攻撃を終了する機能もあります。その役割を担うのが、T細胞上に発現するCTLA-4と呼ばれる分子です。
抗原提示細胞の表面にあるCD80/86という分子とCTLA-4が結合すると、CTLA-4は攻撃を止めるようにT細胞に伝えてしまいます。これが「免疫機能へのブレーキ」となります。 抗CTLA-4抗体薬は、「免疫機能へのブレーキ」を解除して 、免疫機能の活性化します。

がん細胞はPD-L1というアンテナを出して、がんを攻撃するT細胞にあるPD-1受容体に結合しT細胞の攻撃から逃れています。

■抗PD-1抗体

抗PD-1にピンポイントで結合する抗体(オプジーボ(チェックポイント阻害剤))を薬として利用し、 PD-1受容体に対する蓋の役割をさせることによって、 PD-1受容体とPD-L1が結合しないようにするのです。

「オプジーボ」と「ヤーボイ」

二つの薬は同じ「免疫チェックポイント阻害剤」ですが、作用する場所と効果が違います。

アブスコパル効果(放射線治療+免疫療法)

【患者サマリー】

2015.11 血尿を認めていた
近医へ紹介となり、検査をするも異常なし
2016.2 入浴中に大量の出血があり、婦人科受診
CT検査により子宮頸がん疑いとなり当院受診
精査にて子宮頸がんの診断にて切除術実施
2017.8 PET検査で腹部リンパ節への転移を認めた
転移の部位に放射線治療を実施(60Gy)
2018.2 PET検査で転移消失