認知症予防

高齢化が進む社会背景

日本の総人口は、2008年をピークに、2015年11月には1億2711万人、2016年4月には1億2698万人と減少が進んでいます。 そのなかで、大きな問題となっているのがやはりこの高齢者数の増加、そしてそれに伴う「認知症の急増」です。
厚生労働省は2015年1月、全国で認知症の患者数が2025年には700万人を超えると発表しました。これは65歳以上の高齢者のうち、5人に1人が認知症に該当する計算です。認知症高齢者の数は、2012年の時点で約462万人と推計されており、約10年で1.5倍にも増える見通しです。これに「認知症予備軍」といわれる軽度認知障害(MCI)を加えると約1300万人となり、65歳以上の3人に1人が認知症またはその予備軍ということになります。「認知症1300万人時代」の到来です。


認知症の正しい画像検査

認知症は原因となる疾患によって、さまざまな種類があり、大きくは2つの群に分類されます。

変性性認知症(一次性認知症)

ひとつは脳の神経細胞が変性、または減少することによって発症する変性性認知症(一次性認知症)で、アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症、パーキンソン病が引き起こす認知症、前頭側頭型認知症などがこれに当たります。

続発性認知症(二次性認知症)

一方、何らかの疾患や外傷の影響を受けて発症する認知症を二次性認知症(続発性認知症)といい、血管性認知症、クロイツフェルト・ヤコブ病による認知症、正常圧水頭症による認知症、慢性硬膜下血腫による認知症などが、これに分類されます。

日本では、アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症、血管性認知症が3大認知症といわれており、もっとも多いのがアルツハイマー型認知症です。例えば、アルツハイマー病の脳では、なんらかの原因でアミロイドβが蓄積し、それが脳の神経細胞へのダメージを与え、唯一のエネルギー源である糖代謝に異常をきたすと説明されています。したがって、最も早期に認知症の有無の判定ができる画像診断検査機器は、脳内の代謝を見ることができるFDG-PETという検査機器になります。

次の病態では、脳内に血流の異常を生じるため、これをSPECTという検査で検出し、末期に脳萎縮が起こるとようやくMRI検査で診断可能になります。しかし、MRIでわかる段階では非可逆的変化であり、かなり進行した状態ということになります。


脳のFDG-PET画像
<解説>左記右FDG-PETのSSP解析画像
同年代の正常コントロール群から作られたデータベース画像と比較し、脳のどの部分が代謝低下がおこしているのかを解析する。(赤い部分が、糖代謝が低下している部位)

<解説>FDG-PETで使用する薬剤(FDG)の主成分はブドウ糖である。
本画像からは、左前頭葉・側頭葉の下面にFDG集積低下を認める。
つまりは脳の唯一のエネルギー源である糖代謝の低下(機能低下)を示す所見であることが言える。(外傷性変化により、脳細胞の障害を受けている部位を明瞭に抽出可能である)


アルツハイマー病におけるFDG-PET画像
<解説>FDG-PETで検査では、主に側頭葉・頭頂葉の集積低下が見られる。
若年層アルツハイマー病では、まず側頭葉・頭頂葉の代謝低下をもたらすため
MRではチェックできない、早期アルツハイマー病の診断に有効である。


認知症の検査

1.FDG-PET

最も早期に認知症の有無の判定ができる画像診断検査機器は、脳内の代謝を見ることができるFDG-PETという検査機器になります。

2.ホモシステイン酸の測定

ホモシステイン酸とは認知機能と相関関係があるとされているマーカーで血液検査で分かります。ホモシステイン酸には、アミロイドβを脳の神経細胞内に送り込む作用があるため、ホモシステイン酸の濃度が高くなるにつれ、神経細胞内のアミロイドβの量がどんどん増えていくのです。そして脳の神経細胞内に入り込んだアミロイドβは同じ細胞内にあるタウタンパク質と結びついて固まってしまいます。
この状態になると、脳の神経細胞内でおこなわれる物質の行き来が遮断され、細胞が正常に機能しなくなり、最終的に多くの神経細胞が死んでしまい、脳が委縮してアルツハイマー病を発症させるのです。


認知症は防げる、治せる!

当院代表の佐藤医師の監修の基、長谷川名誉教授の論文の中にあるホモシステイン酸の血液中濃度と認知機能は負の相関を示しているというデータを支持し、還元型サプリメントのレシピを忠実に再現しました。いくつになってもクリアーな脳をサポートするものです。

詳しくはこちら https://www.mci-control.jp/

著書のご案内はこちら